ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(平成29年12月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(平成29年12月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月14日更新

図書カードを寄贈していただきました(12月13日)

オヂヤセイキ株式会社会長の涌井末吉さんから、市内のひとり親家庭の15歳以下のお子さん270人のために、図書カードを寄贈していただきました。
昭和41年の創業以来、毎年ひとり親家庭へお菓子や本、図書カードなどを寄贈してくださっており、今回で51回目になります。
涌井さんは、「小千谷で事業を続けてこられたのは市民のみなさんの支えのおかげなので、何かの形で還元したいという思いから始めた」とおっしゃっていました。
長年にわたりご支援いただいていることに感謝しております。 

図書カードを手に持って並ぶ大塚市長と涌井会長の画像

おぢやしごと未来塾を開催しました(12月12日)

多くの企業・大学の方々のご協力のもと、総合体育館で「おぢやしごと未来塾」を開催し、おおぜいの中学生が参加しました。
中学生のみなさんには、今日学んだことを生かして、地域を支える人材や世界に羽ばたく人材になってほしいと思います。

あいさつをする大塚市長の画像 会場の様子を見守る大塚市長の画像

日本郵便株式会社と協定書締結式を行いました(12月5日)

「郵便局のみまもりサービス」をふるさと納税の返礼品とすることに関する協定書締結式を行いました。
みまもり訪問サービスは、郵便局員が寄附者の指定する市内世帯を月1回訪問し、生活状況などを聞き取って寄附者に報告するもので、高齢化が進む中、寄附者に安心をお返しできる、非常に有意義なサービスであると考えています。
品物ではなく、サービスで提供するというふるさと納税の新たなスタイルとして、多くの方からご利用いただければと思います。

協定書にサインをする大塚市長の画像 協定書を手にする大塚市長の画像

地域おこし協力隊員に辞令を交付しました(12月1日)

12月1日付で、塩殿地域に新たに地域おこし協力隊が着任しました。
おぢやクラインガルテンふれあいの里管理組合の運営や広報活動の支援などを行ってもらいます。
早く地域に慣れ親しみ、良い仕事をしていただくことを期待しています。

市長から辞令を受け取る地域おこし協力隊員の画像 市長と談笑する地域おこし協力隊員の画像