ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(平成29年10月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(平成29年10月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

小千谷高校2年生が消費者トラブル防止の啓発広告を作ってくれました(10月31日)

家庭科の授業で「消費者生活」や「消費者トラブル」について学んだ小千谷高校2年生の生徒が、学んだことを地域のみなさんに伝えるために啓発広告を作ってくれました。
広告は20種類あり、ポケットティッシュとして総合体育館や図書館などの公共施設に配置します。
みなさんの活動や思いが地域へ広く伝わり、多くの方の消費者トラブル回避に繋がることを願っています。

大塚市長と高校生の集合写真 生徒たちが作った広告の画像

新潟県錦鯉品評会に行ってきました(10月28日・29日)

総合体育館で開催された新潟県錦鯉品評会に行き、表彰式では開催地の首長としてあいさつを申し上げました。
今回は錦鯉が「県の鑑賞魚」に指定されてから初めての品評会であり、指定記念大会として開催されたものです。
今後も錦鯉産業のさらなる発展のため、また地域産業の振興につながるように、行政としても効果的な施策を進めていきたいと思います。
錦鯉を観賞する大塚市長の画像 表彰式であいさつをする大塚市長の画像

全国大会に出場する選手が訪問してくれました(10月27日)

今月行われた、全日本小学生相撲優勝大会の予選を兼ねた北信越大会で準優勝し、12月に両国国技館で行われる全国大会への出場を決めた片貝小学校の黒﨑碧琉さんが訪問してくれました。
小学生とは思えない引き締まった体つきに、頼もしさを感じました。
全国の舞台での活躍を、大いに期待したいと思います。
握手する黒﨑さんと市長の画像 

 中越大震災から13年を迎えました(10月23日)

小千谷市は10月23日を「中越大震災の日」として制定し、震災の経験と教訓を忘れることなく継承し、市民一人一人が防災意識を高め、安心・安全に対する誓いを新たにする日としています。
当日は児童3人が尊い命を落とした塩谷地内の慰霊碑に参り、楽集館で開催された座談会に米山県知事と参加しました。その後、楽集館駐車場で行われた追悼の集いに参加し、震災発生時刻の午後5時56分に、13年前に亡くなられた方々に対し黙祷をささげました。
また、市役所では震災以降の採用職員を対象に、マンホールトイレの組み立て訓練を行いました。
これからも震災の記憶を風化させることなく、後世に伝えていくことが我々の務めであると思っています。 

塩谷の慰霊碑に手を合わせる大塚市長の画像 そなえ館で座談会に参加する大塚市長の画像

追悼の集いで献花をする大塚市長の画像 マンホールトイレの組立訓練をする職員の画像

大阪府泉佐野市と特産品相互取扱協定を締結しました(10月19日)

この協定は泉佐野市が各都道府県で1自治体ずつ協定締結し、特産品を軸とした連携によりネットワークを広げていこうという取り組みで、新潟県では当市と締結したものです。
泉佐野市と協定を締結することにより、関西圏での小千谷の特産品の販路拡大が期待できます。
また、泉佐野市には関西国際空港があり、外国とつながる玄関口でもあることから、外国人観光客へのPR効果も期待しています。
小千谷市でも泉佐野市の特産品の販売や、ふるさと納税の返礼品として検討していきたいと思います。

協定書を取り交わす大塚市長と千代松市長の画像 小千谷市と泉佐野市の特産品を手にする両市長の画像

岩沢地区で防災訓練を行いました(10月15日)

岩沢地区で行われた防災訓練に参加しました。
参加された市民のみなさんに、「自らの身体と財産は自ら守る」という防災意識を高めていただけたと思います。

訓練の様子を見守る大塚市長の画像 防災訓練の様子の画像

バスケットボール女子日本リーグ公式戦が開催されました(10月14日・15日)

総合体育館で、バスケットボール女子日本リーグ公式戦の新潟アルビレックスBBラビッツ対JX-ENEOSサンフラワーズの試合が行われました。
14日は、おおぜいの方が試合開始を待ち望む中、開催地の市長として始球式を務めさせていただきました。
地元新潟アルビレックスBBラビッツは惜しくも勝利を収めることができませんでしたが、前年度覇者の強豪チームを相手に最後まで全力でプレーする選手のみなさんの姿に胸を打たれました。
みなさんの今後の益々のご活躍を祈念しております。

始球式でボールをあげる大塚市長の画像 試合が行われている開場の画像

 健康福祉まつりとトリム・ウォーキング大会に参加しました(10月8日・9日)

8日は総合体育館で開催された第36回健康福祉まつりと、サンラックおぢやで同時開催された福祉ふれあいフェスティバルに参加しました。
生きていくうえで、健康の維持は最大の課題です。市民のみなさんから健康づくりについて関心を持っていただこうと、今年もおおぜいの関係団体のみなさんにご協力いただき、感謝申し上げます。
4月に新しく開院した厚生連小千谷総合病院を地域医療の中核として、健康・福祉・介護の分野で連携しながら、市民が安心して住めるまちを作っていきたいと考えています。

9日は第40回小千谷トリム・ウォーキング大会の8キロメートルコースに参加しました。
さわやかな秋空の下、景色を楽しみながら気持ちよい汗をかくことができました。 

あいさつをする大塚市長の画像 血圧測定をする大塚市長の画像

あいさつをする大塚市長の画像 参加者と写真を撮る大塚市長の画像

小千谷小学校開校150年記念式典に行ってきました(10月1日)

日本最初の公立小学校である小千谷小学校が10月1日に開校150年を迎え、記念式典が盛大に開催されました。
開催にご尽力された実行委員会ならびに校区の関係者のみなさんに感謝申し上げます。
開校150年おめでとうございます。

あいさつをする大塚市長の画像