ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(平成29年7月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(平成29年7月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月19日更新

二荒神社奉納行列に参加しました(7月16日)

二荒神社大祭(二荒さまのお祭り)が7月15日(土曜日)から17日(海の日)に行われ、16日(日曜日)の「巫女爺」の奉納行列に参加しました。このような歴史のある伝統行事を、今後も受け継いでいってほしいと思います。

御神輿渡御に参加する大塚市長の画像 二荒神社に到着した御神輿渡御の画像

地方創生・交流自治体連携フォーラム、自治体スクラム支援会議に出席しました(7月14日)

小千谷市と災害時相互援助協定を締結している東京都杉並区と交流関係にある9自治体の首長が集まり、それぞれの地域の魅力を生かす取り組みの発表や意見交換をしました。このような自治体同士の連携を通じて、新しい人の流れを作ることができればと思います。

発言をする大塚市長の画像 参加自治体首長などによる記念撮影の画像

海外からの留学生が小千谷市を訪問してくれました(7月13日)

アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリアからの9人の留学生のみなさんが訪問してくれました。
日本語を勉強されている方がほとんどでしたので、日本語で交流を深めることができました。
長期間小千谷市に滞在されるとのことですので、市民のみなさんからも積極的に留学生の方とふれあっていただきたいと思います。

留学生と談笑する大塚市長の画像 9人の留学生と記念撮影する大塚市長の画像

旧小千谷総合病院から、土地・建物などの寄附の申し入れがありました(7月10日)

旧小千谷総合病院の代表清算人である横森元理事長から、旧病院の土地・建物などの寄附の申し入れがありました。
長年にわたり地域医療を支えてくださったことに心から感謝申し上げるとともに、旧病院跡地が、今後も地域の賑わいや交流を生み出す憩いの場となるよう、活用していきたいと考えています。

寄附申込書を受け取る市長の画像懇談する市長と旧院長横森代表清算人の画像

中華人民共和国駐新潟総領事が小千谷市を訪問されました(7月6日)

孫総領事と蒋領事、張副領事が小千谷市を訪問し、市内の養鯉場を視察されました。
美しい錦鯉や伝統織物、高い技術を誇る機械産業、盛大なお祭りなど、小千谷市の魅力をお話しし、興味を持っていただきました。
今後もお互いに理解を深め、人や物の交流がさらに活発になることを期待しています。

談笑する市長と総領事の画像総領事と領事館職員、市長・副市長・議長の画像

産業政策監を委嘱しました(7月3日)

市内への企業立地を積極的に進めるため、古川隆文さんを産業政策監に委嘱しました。
古川さんは、県東京事務所や他自治体で数々の企業立地の実績があり、これまでの知識と経験を生かした企業立地活動に期待するとともに、企業立地業務のノウハウを職員に伝えていただきたいと思います。

大塚市長から辞令を受け取る古川さんの画像