ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(平成29年5月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(平成29年5月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月31日更新

市政懇談会を開催しました(5月31日・片貝地区)

第11回は片貝地区で開催しました。
「暮らし続けたいまちとは」をテーマに行っているこの懇談会。質疑を通して、どの会場でも地域を思う熱い気持ちが感じられます。
「暮らし続けたいまち」に対する考えや思いは様々かもしれませんが、地域を思い、考え続ける姿勢をこれからも大切にしていってほしいと思います。

質疑応答の場面

茶郷川環境整備協議会が河川功労者表彰を受賞しました

長年にわたる河川愛護活動の取り組みが認められ、茶郷川流域の6町内(土川、上ノ山、本町、平成、城内、千谷川)で組織する茶郷川環境整備協議会が、公益社団法人日本河川協会から表彰を受けました。
協議会では、茶郷川流域の除草や植栽などの活動を続けてこられました。こうした取り組みが地域の連携を深め、次世代へ受け継がれる活動となるよう願っています。

 表彰状を手にする大塚市長と渡邉会長の画像

市政懇談会を開催しました(5月29日・川井地区)

第10回は川井地区で開催しました。
交通手段の確保や、旧川井小学校の今後についてが課題として挙げられました。
使えるものはできるだけ活用し、地域の方々と情報を共有しながら、今後のあり方を検討していきたいと考えています。

 説明をしている大塚市長の画像

市政懇談会を開催しました(5月24日・東山地区)

第9回は東山地区で開催しました。
小千谷市の中でも積雪が多い地域ですが、厳しい冬にも負けない魅力がたくさんあります。
これからも地域の支えあいを大切に、安心して住み続けられるような地域づくりを目指していきたいと思います。

説明している大塚市長の画像

市政懇談会を開催しました(5月19日・西小千谷地区)

第8回は西小千谷地区で開催しました。
地域のみなさんと課題を共有しながら、暮らし続けたいと思うまちづくりについて一緒に考えていきたいと思います。
限られた時間の中でみなさんのご意見をすべて伺うことはできませんが、手紙や町内を通じて、さまざまなご意見をお寄せいただければ幸いです。

 説明する大塚市長の画像

市政懇談会を開催しました(5月17日・岩沢地区)

第7回は岩沢地区で開催しました。
常日頃から、子どもから高齢の方まで、みなさん遊び心を持って楽しく活動されている地域であると感じています。
地域の若者を中心とした活動は、今後ますます重要になると思います。これからも継続していただき、地域活性化の一端を担っていただきたいと思います。

説明する大塚市長の画像

市政懇談会を開催しました(5月15日・千田・高梨地区)

第6回は千田・高梨地区で開催しました。
高齢化が進む中、地域でどのようにしてお互いに助け合っていくかが課題になります。
デイホームなど、今行っている活動をぜひ継続していただき、これからも安心して住み続けられるよう支援していきます。

 説明する大塚市長の画像

市政懇談会を開催しました(5月9日・東小千谷地区)

第5回は東小千谷地区で開催しました。
「もっと住みやすいまち」の実現へ向けて、たくさんの貴重なご意見をいただきました。
みなさんの地域を思う心や情熱こそが、住みやすいまちとなる上での一番の原動力だと改めて感じました。

 説明している大塚市長の画像

市政懇談会を開催しました(5月8日・真人北部地区)

第4回は真人北部地区で開催しました。
地域のみなさんの、地域づくりにかける思いやさまざまな取り組みはすばらしいものだといつも感じています。
これからもみなさんの声を聞かせていただきながら、地域の活動を支援していきたいと考えています。

 説明する大塚市長の画像

錦鯉が「県の鑑賞魚」に指定されました(5月5日)

錦鯉の里で行われた「県の鑑賞魚」指定記念イベントに参加しました。
今年は「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」が、日本農業遺産に認定されるなど、錦鯉のPRには追い風が吹いています。
これを機に、錦鯉をさらに市内外へPRしていきたいと思います。

 横断幕の除幕式に参加する大塚市長の画像

牛の角突き初場所を観戦しました(5月3日)

小栗山の小千谷闘牛場で開催された、牛の角突き初場所を観戦しました。
「牛の角突き」は、東山地区で受け継がれてきた伝統文化です。
11月まで月1回開催されますので、今後もおおぜいの方からお越しいただき、この地域を盛り上げていただきたいと思います。

 あいさつをする大塚市長の画像 牛の角突き会場の画像

成人の門出を祝いました(5月3日)

市民会館で開催された成人式に出席しました。
成人のみなさんには、自分の夢や目標について考え、いろいろな事に挑戦し、まちづくりの先頭に立ってほしいと思います。
みなさんの若い力と行動力に、大いに期待しています。

 あいさつをする大塚市長の画像 成人式の会場の画像

おぢやクラインガルテンふれあいの里の利用シーズンが始まりました(5月3日)

おぢやクラインガルテンふれあいの里開村式に出席し、利用者のみなさんや管理組合のみなさんと交流させていただきました。
利用者のみなさんには、農業体験などの田舎暮らしをしながら、将来的には小千谷に住んでいただきたいと思います。

 あいさつをする大塚市長の画像

市政懇談会を開催しました(5月1日・山辺地区)

第3回は山辺地区で開催しました。
昨年、山本山の市民の家を改修し、リニューアルオープンした「おぢゃ~る」と隣接する体育館について、ご意見をいただきました。
今後も地元のみなさんの協力を受けながら、「おぢゃ~る」のPRに努めていきたいと思います。

 質問に答える大塚市長の画像

小千谷市移住サポーターを委嘱しました(5月1日)

小千谷市への移住を考えている方や移住間もない方の相談役として、坂本香奈子さんと樽井俊郎さんを「移住サポーター」に委嘱しました。
坂本さんは、平成25年に地域おこし協力隊として当市へ移住し、現在は子育てをしながらご夫婦で豆腐店を経営されています。
樽井さんは、中越大震災のボランティアとして当市を訪れたことをきっかけに交流を続け、平成27年に移住されました。現在はこれまでの経験を生かし、治療院を経営されています。
2人には実際に移住してみて良かったことや驚いたことなど、私たちが持っていない感覚でアドバイスしていただけることを期待しています。

 大塚市長から辞令交付を受け取るサポーター2人の画像 サポーター2人と話す大塚市長の画像