ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長ダイアリー(平成29年3月)

▼ページ本文はここから

市長ダイアリー(平成29年3月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月23日更新

おぢゃ~る来館者5万人達成記念セレモニーに出席しました(3月20日)

平成28年7月にオープンした、市民の家・小千谷信濃川水力発電館「おぢゃ~る」が、開館8か月で来館者5万人を達成しました。
日頃からご利用いただいてるみなさんに、厚く感謝申し上げます。
これからも、市民をはじめ市外・県外の方からも大いにご利用いただき、長く愛される施設になることを願っています。

記念セレモニーの画像

JA新潟厚生連 小千谷総合病院の竣工式典に出席しました(3月17日)

平成26年11月から始まった新病院の建築が、2年2か月の工事期間を経て無事竣工しました。
今後も地域医療の更なる進展に向け、JA新潟厚生連をはじめとした医療・介護関係機関と緊密に連携を図っていきます。
300床を有する総合病院の竣工を心よりお喜び申し上げます。

挨拶する大塚市長の画像 テープカットするセレモニー参加者の画像

福島県北塩原村と「災害時相互応援に関する協定」を締結しました(3月16日)

福島県北塩原村は、12年前の中越大震災でいち早く救援物資を届けてくださるとともに、職員の長期派遣の支援をいただくなど大変お世話になった自治体です。以来、友好自治体と同様のお付き合いをさせていただいており、今回災害時相互応援に関する協定を正式に締結できましたことは、心強く思っております。
北塩原村は、磐梯山ジオパークとして日本ジオパークに認定され、桧原湖や五色沼など美しい景観や壮大な自然に囲まれた風光明媚なところです。今後、災害時は勿論ですが、平時から顔の見える関係を築きながら幅広い交流を広げていけたらと願っています。

 協定書に署名する市長の画像 協定書を交わし、握手をしている画像

原子力防災訓練を行いました(3月12日)

全市を対象とした原子力防災訓練を行い、原子力災害発生時の対応について確認しました。
また、土川防災会のみなさんに参加いただき、「避難行動要支援者」の避難訓練も行いました。
小千谷市では昨年1月に広域避難計画を作成し、同8月に広域避難ガイドマップを全戸配布しています。
今後も、避難訓練などを通じて防災情報の周知を進め、災害への備えを強化していきたいと考えています。

対策本部に出席する市長の画像 講評を行う市長の画像

 

岩沢地区の春こい火まつりに参加しました(3月11日)

このまつりは岩沢地区のみなさんが手作りで毎年行っているもので、今年で15回目になるそうです。
大人たちが一丸となって地域を盛り上げ、それを子どもたちが見て体験するということは、誇るべき地域の宝だと思います。
これからも地域のつながりを大切に続けていかれることを期待しています。

挨拶する大塚市長の画像 祭りに参加する地域のみなさんの画像

小千谷市褒賞者表彰式を挙行しました(3月10日)

小千谷市は、市政に対して特に功労のあった方々を、毎年3月10日の市制施行記念日に表彰しています。
今年は、13人の方々を表彰し、6人の方々から表彰式にご出席いただきました。
市政の発展に貢献いただいたことに感謝申し上げるとともに、今後のさらなるご活躍を期待しています。

集合写真