「なかま」2年生

    7月  「野菜の収穫が始まりました」
  猛暑が続き、少ない土に植えられたミニトマトにはとても辛い日々でした。毎日水やりをがんばっていても、葉がくたっとしてしまい、心配しましたが、なんとか実が赤くなってきました。「黄色になってきたよ!」「おもしろい形だよ!」など、収穫を楽しみにしています。 モロヘイヤや枝豆も採れ始めています。
    6月  「小粟田方面へ出発!!」
  梅雨に入ったにもかかわらず、さわやかな風の吹く青空の下、小粟田方面の探検に行ってきました。真っ直ぐに伸びる大きな道路の歩道を歩き、まずは十二社大明神に行きました。空に向かって真っ直ぐに伸びる大きな木の木陰で楽しく過ごしました。
 その後、小粟田のセンターに行きました。千谷にない遊具があり、大はしゃぎ。近くの方が出てきて、「子どもの元気な声が聞こえるのはいいねえ」と笑顔でお話をしてくださいました。
   5月  「どんどん大きくなあれ!」
 5月24日()、朝は霧雨が降っていたため、午後から畑の苗植えをしました。畑のお手伝いに、7人の方が来てくださいました。お手伝いの方のリードで、あっという間に立派な畝ができ上がりました。

  鍬を使う様子や肥料の種類を子どもたちはよく見ていました。マルチがけは、子どもたちも一緒に手伝いました。端をたくさんの小さな手で押さえ、空気が入らないようにマルチ止めを刺しました。

 いよいよふわふわの土のお布団に穴を空けて苗を植えます。同じ種類の野菜ごとのグループに分かれて根っこを痛めないようにそっと植えました。お手伝いの方々にうまくいかない子どもたちの助けをたくさんしていただきました。とても助かりました。

 根が付くまで、子どもたちは玄関前からせっせと水を運んで大切な苗に水をやっています。元気にどんどん大きく育ってほしいです。

   4月  「1年生に学校を案内したよ」

 
入学して間もない1年生に、学校を案内することにしました。たくさんある部屋の解説とその場所にちなんだ問題を解きながら校内の地図にシールを貼って進んでいきます。1年生が楽しめるようなクイズをみんなで考えました。
 1年生を迎える会でなかよくなった「縦割り班」の1年生と手をつなぎ、ちょっぴりお兄さん、お姉さん気分で校舎をまわりました。
 1年生から、「とても楽しかったよ。」と言ってもらえてとても喜んでいました。特に、ガイコツとのじゃんけんはおもしろかったようです。
 
 毎日の下校も1,2年生一緒に帰っています。後ろを見ながら1年生の様子を見て下校する2年生の姿はとても頼もしいです。