スマイル☺4年のページ

  7月
 
5日(水)に時水の清掃工場に行ってきました。
大きな図や資料を使って、燃やすごみの処理の方法を丁寧に教えていただきました。お話を聞いた後、中央操作室からごみピットにある大きなクレーンの様子を見ました。すごい迫力にびっくり!!
見えないところで多くの人のために働いている人がいることを知りました。
 普段、なにげなく出しているごみのゆくえについて真剣に考えるよい機会となりました。
 時水の煙突には秘密があります。1本に見えますが、中に2本の煙突が入っているのです。ご存じでしたか。まだまだ、ひみつはいっぱいです。4年生に聞いてみてください。
 
  6月
 21日に、千谷のセンターを訪問しました。歌とリコーダー、ホタルクイズ、昔遊び(折り紙、お手玉、あやとり、おはじき、五目並べ)、肩もみ・肩たたき、手遊びと盛りだくさんの内容を計画しました。おじいちゃんやおばあちゃんと楽しくほのぼのとした時間を過ごすことができました。
 国語でことわざを学習しているとき、「亀の甲より年の劫」だねと、お年寄りの人たちのいろいろな技を見て納得していました。
 4年生は、優しさと尊敬する気持ちをもつことができたと思います。千谷のみなさん、ありがとうございました。
  5月
  社会科の「災害からまちを守るために」の学習で、23日に小千谷市の消防本部に見学に行ってきました。消防署に到着すると、何台もの消防車や救急車がありました。よく話を聞くと、同じように見える消防車でも、積んでいる道具によってそれぞれ役割が違うことを知りました。消防署の中の通信指令室や消防士さんの訓練の様子も見せていただきました。真剣に練習に取り組む姿とスピードを見て、子どもたちは驚いていました。
 市民を守るための仕事の厳しさとかっこよさを知ることができました。
 聞いてきたことを基に、消防署新聞を書いています。どんな新聞ができあがるか楽しみです。
  4月
 春の暖かな日差しの中、理科の学習で校庭に繰り出しました。桜の木に自分の名前を付けて、これから何回か観察していきます。この日はまだ蕾がうっすらとピンク色になり始めたばかり。花が咲くことをみんな楽しみにしていました。
 この次の週にはあっという間に満開になりました。24日の昼休みには、ひらひらと花びらが舞い始め、その花吹雪の下で子どもたちが元気に遊んでいる姿を見ることができました。
 桜の他に、カエルや蜘蛛を見つけてとても喜んでいました。