2年生「チャレンジ学年」のページ
3月
 性に関する指導を行いました。はじめに、針穴くらいの大きさの穴があいている黒い画用紙を子どもたちに配りました。「ちっちゃいあながあいてる!」と見つめる子どもたち。この小さなあなと同じくらいの大きさが自分たちの命のはじまりと知ると、とても驚いた様子でした。実物大の赤ちゃん人形を一人一人が抱っこしてみました。
3月
 3月に入ってからタティア先生と、英語の学習をしました。季節はずれではありますが、英語で「福笑い」をやってみることにしました。まずは、タティア先生と私のデモンストレーションからです。「This is a right eye.」と言ってからパーツを渡し、「up, up, up, stop! right, right, stop!」と指示をします。
2月
 タックカラー版画に取り組んでいます。子どもたちの様子を見ていると、下絵と切ったカラフルタックの形が合わなくて、何回もやり直していました。また、つくろうとしている形に「下絵をかく」ことと「カラフルタックを切る」ことは、作業として大きな違いがあるようで、思った形になかなかできないようでした。よく刷っても色が和紙に乗らないこともあり、私自身も苦労した版画でしたが、ようやく完成を迎えられそうです。
2月
 算数の学習は「10000までの数」に入りました。導入として、茶わん1杯のあずきの数を数えました。200粒から1500粒と子どもたちは考えました(私は1000粒程度だろうと思いました)。実際に数えるときには、10ずつのまとまりをつくりながらでしたが転がったり小さかったりで子どもたちは苦戦しながらでした。結果は「2156粒」でした。予想以上の多さに私自身が驚きでした。
1月
 給食週間中に、招待給食が行われました。招待した先生や調理員さん、管理員さんに名前と好きな給食で自己紹介をしました。また、招待した方から「思い出の給食」についてのお話も聞きました。
1月
 生活科の学習で、雪遊びをしました。そりで築山を滑ったり、大きな雪だるまをつくったりしました。運がいいことに、凍み渡りも1回、経験することができました。
12月
 生活科の学習で、おもちゃづくりをしました。ラップやトイレットペーパーの芯・デザートなどのカップ・ペットボトルやそのキャップ、など、いらなくなった身のまわりのものを持ち寄り、それらを積んだり転がしたり飛ばしたり弾いたりして遊べるように考えました。子どもたちは友達と相談したり試行錯誤を繰り返したりしながら、おもちゃづくりを楽しみました。
11月
 千田っ子祭りが行われました。2年生の出店は「チャレンジフレンドパーク」。生活科の活動と合わせての遊びコーナーを開いて、全校の子どもたちとかかわりました。店番を前半と後半に分け、当日はリハーサルも行い、準備は万端でした。短い期間の準備でしたが、よく話し合って協力して成功させることができ、子どもたちはとても満足しています。
11月
 算数の時間に、九九表のパズルを完成させる学習をしました。二人で協力してピースを正しく置いてほしいので、今回は二人で一つのパズルに挑戦しました。そして、ただやみくもにピースを置くのではなく、どのように考えれば正しい場所を見付けることができるのか、相談しながら置くように伝えました。子どもたちはパズルを楽しむことができました。
11月
 千谷の「いきいきサロン」にお邪魔し、地域の皆様と交流を行いました。まずは音楽の時間に学習した歌を発表し、地域の皆様からの温かい拍手をたくさんいただきました。発表の後は皆様の間に入り、昔遊びをしたりお話をしたりと、楽しいひとときを過ごさせていただきました。
10月
 子どもたちが待ち望んでいたさつまいもの収穫の日を迎えました。まずは長いつると悪戦苦闘の様子でしたが、つるを片付けいよいよいもほり!軍手をつけた両手でいもを傷つけないよう優しく周りの土を掘っていきます。どのいももとても大きく育ち、土の中奥深くまで伸びていました。いつのまにか「いっしょに掘って!」「手伝おうか?」という声が行き交うようになっていました。かかわりが生まれ、喜ばしい姿でした。
9月
 長岡市東山ファミリーランドに行ってきました。公共施設の利用の学習にかかわって、バスの乗り方やルール、ファミリーランドでの遊具を使うときの約束などをしっかり守り、楽しく過ごすことができました。遊具を使って遊んだり、動物と触れ合ったりして、活動は終了しました。
9月
 1,2年生合同で祖父母の皆さんとの「ふれあい昔遊び会」を楽しみました。昨年同様、いろいろな遊びの輪に入っていただいて、遊びのコツを教えていただきました。それぞれの遊びコーナーでは「いいぞ!」「うまい!」など子どもたちのできた姿に声をかけてくださっていました。子どもたちの笑顔が輝き、自信をつけた瞬間にたくさん出会いました。
7月
 低学年で着衣泳を行いました。小千谷消防本部の方から教わりました。服を着たままでは動きにくいことを体感し、今回はペットボトルを使って浮く練習をしました。本当におぼれたときには、靴や服などは脱がないことが大切、特に靴は、履いていれば浮くんだそうです。水の事故がないことが一番です。
7月
 10日(木)は学習参観でした。今回は国語の学習をご覧いただきました。迷子のお知らせの原稿をつくったり、それを聞いて迷子がどの人なのかを当てるゲームをしたりしました。子どもたちはその人の特徴がよく伝わるように、原稿づくりをすることができました。そして、大事なことを落とさずに聞くこともできました。子どもたちの様子はいかがだったでしょうか。
6月
 役員さんを中心にご計画いただいた学年行事が無事終了しました。親子で協力したホットケーキづくり、楽しかったですね。お家でも手伝いをしているのかな、と思って見ていました。ちょっと変な形になったり焦げたりでしたが、親子で協力してつくったものを食べる、最高の味だったと思います。
6月
 担任の私が4,5年前に受け持った子どもたちのカメを卒業後は私が飼っています。そのカメの名前を子どもたちと決めました。いくつか挙がった子どもたちの意見の中に、「カメたろう」「カメじろう」というものがあり、大きいカメと小さいカメの2匹なので、大きい方を「カメたろう」、小さい方を「カメじろう」と命名しました。
6月
 野菜の苗を植えてから2週間、きゅうりが食べごろの大きさになりました。第1号ですので、みんなで一緒に食べて、収穫の喜びを共有しようと考え、全員で試食しました。ほんのひとり5mmずつ程度の厚さでしたが、どの子もうれしそうに、そしておいしそうに食べました。みんなで苦労して苗植えをし協力して水やりをして成長したきゅうりを全員で食べる満足感もあり、おいしさもひとしおだったようです。
5月
 カブトムシの幼虫を合計13匹もらいました。いただいたときのケースが狭そうだったので、大きいものに引越ししました。生きている気配がなかったので、恐る恐るひっくり返してみたらどの幼虫も元気そうで、子どもたちも一安心です。
5月
 生活科で野菜を育てる学習をしています。ミニトマトの苗を一人ずつの鉢に植え替えました。水やりなどのお世話もこれから進めています。
4月
 生活科で地域探検に出かけました。「春の季節を感じる植物を見付ける。」「人々の様子や、畑でどんな作物をつくっているかなどを調べる。」「出会った人に野菜づくりなどについて、インタビューする。」ことがねらいです。たんぽぽやつくしなどの植物を見付けることができました。
4月
 ALTの先生と英語の学習をしました。"Hello!" "I'm 〜." "Thank you!"と言いながら、名刺交換をしました。残りの時間で、動物の言い方を教わりました。事前に簡単な言い方の動物をいくつか用意しておいたので、その動物の言い方を練習しましたが、教わる前にもう言い方を分かっている子が多かったようです。最後には、これらのカードでカルタゲームをして盛り上がりました。


「学年の活動」のページへもどる